寄稿

柏プロジェクトの実践
寄稿 · 2021/07/27
本稿では、地域包括ケアシステムのモデルとして「柏プロジェクト」を特集する。秋山浩保氏(柏市長)、辻哲夫氏(東京大学高齢社会総合研究機構・未来ビジョン研究センター客員研究員)、千葉光行(健康都市活動支援機構理事長)による鼎談をはじめ、柏プロジェクトの実践に関する研究者の寄稿や行政担当者へのインタビューで構成する。同プロジェクトの仕組みや経過、成果、さらにアフターコロナ社会における柏プロジェクトについてさまざまな視点で紹介し、そうしたまちづくりが全国自治体に普及するための条件や課題等について考察する。

香川県三豊市立永康病院の病院建替え
寄稿 · 2021/03/31
本稿は、筆者が政策アドバイザーとして協力している香川県三豊市の市立永康病院の病院建替えについて現状報告を行うものである。地方の自治体病院で病院建物が老朽化しているものの建替えに躊躇している病院は少なくない。特に地方の病院は医師や看護師など医療人材の不足が深刻で、病院収益を悪化させ、病院自体が縮小均衡、最終的には消滅のサイクルに入っている病院も多い。市立永康病院も、そのような病院の一つであった。

ウィズコロナの時代の病院経営❷
寄稿 · 2020/12/29
本特集の後半では、危機管理下における実務担当者の具体的な取組みについて、オフィス・J メディカル代表で医療系経営コンサルタントの名倉敏信氏に自身の経験と実績を踏まえて執筆いただいた。

ウィズコロナの時代の病院経営❶
寄稿 · 2020/12/29
新型コロナの拡大が病院経営に深刻なダメージを与えている。本特集の前半では、危機管理下における病院経営の戦略と生き残るための方策について、長年の実績を持つ豊岡宏氏に寄稿いただいた。

自治体病院の統合と機能分化❹ ~シームレスな地域連携を目指して~
寄稿 · 2020/09/30
中東遠医療圏の統合と再編にはさまざまな関係者が重要な役割を果たしている。キーパーソンの一人である磐田市立総合病院前事務局長の磯部健雄氏(現藤枝市立総合病院・病院アドバイザー)から寄稿いただいた。